特別注文されたマネキンの事例です。

※画像をクリックすると拡大されます。

 

改造前

 

 

 

 

改造後

 

レインテスト用

手足の角度を調整し、金属部分を錆びにくくしました。
写真のような箱の中で水をかけウェアの中に水が染み込まないかテストするそうです。

 

 

 

ボディスキャン用

腕の角度を広げ、表面の艶を無くしました。
マネキンをスキャンしてウェア制作用データをとるため、艶のあるマネキンだと光が反射して失敗したり、腕が広がってないと腕と胴体が同化し腕の無いデータになってしまうそうです。