重蔵神社の産屋(旧御仮屋)は、毎年8月に行われる輪島大祭(重蔵祭り)の最後に重蔵神社の御神輿が祀られる場所です。建物の老朽化に伴い、旧御仮屋を解体し石川県産材であるアテの木(能登ヒバ)を使用して建替えをおこないました。